Intenselyシリーズ(2)コニャック カミュXO Intensely Aromaticのレビュー

前回のカミュVSOP Intensely Aromaticのレビューに続き、今回は第2弾。

カミュXO Intensely Aromaticのレビューとなります。

Intensely Aromaticとは?

Intenselyシリーズ(2)コニャック カミュXO Intensely Aromaticのレビュー

カミュのIntensely Aromaticシリーズは前回のVSOP編でも説明した通り、2回目の蒸留であるボンヌショーフにて、通常はそのまま使われない最初の部分「ヘッド」を多く使い、それを熟成させることで通常のカミュのコニャックとはまた違ったアロマを持たせることに重きをおいたシリーズです。

最も違うのはエステルの量

このコニャックとして使用する液体のHeadとHeartの最も大きな違いは何か?

それはエステル(Esters)の違いです。

コニャックの風味に大きく左右するエステル成分は主にオレンジなどの柑橘系はじめ、リンゴや洋ナシ、バナナなどフルーツ系の香りをより強調する役割を果たすことが多く、このエステル成分によってコニャックのアロマは大きく変化します。

通常のカミュの蒸留方式は1リットルあたり約70mgのエステル成分が含まれますが、このIntensely Aromaticシリーズにおいてはその約3倍にあたる200mg/1Lのエステル成分が含まれており、この差が今回の特別なカミュコニャックの主たる要素となります。

その他にもコニャックのアロマに変化をもたらす「ベータ ダマセノン(BÉTA-DAMASCENONE)」「アルファ テルピネオール(ALPHA-TERPINEOL)」「シトロネロール(CITRONELLOL)」「ゲラニオール(GERANIOL)」「リナロール(リナロール)」といった成分も通常のカミュVS、VSOP、XOよりも多く含まれ、上記のエステルに加えてよりプルーン、ユリ、スミレ、バラを主としたアロマを強調したコニャックに仕上がっています。

後述しますが、このXOにおいてはVSOPよりもエステルの影響が顕著にみられるコニャックとなりました。

カミュXOエレガンスとカミュXO Intensely Aromaticの比較レビュー

前回のVSOPと同様、今回も原稿のカミュXOエレガンスと比較をしながらレビューを行っていきます。

外観の違い

まずは外観。

箱のデザインの違いはこんな感じ。

Intenselyシリーズ(2)コニャック カミュXO Intensely Aromaticのレビュー

よりシンプルに、少し高級感が高まるデザインに仕上がっています。

ボトル、ロゴの違いはこんな感じ。

Intenselyシリーズ(2)コニャック カミュXO Intensely Aromaticのレビュー

左がカミュXOエレガンス、右がカミュXO Intensely Aromaticです。

VSOPの時のようにブルーのラベルはついていませんが、XOの文字青いラインで囲われていたり、XOのフォントがゴシック調になっていたりと、微妙に異なります。

Intenselyシリーズ(2)コニャック カミュXO Intensely Aromaticのレビュー

あとキャップも金色。

香り立ちの違い

VSOP以上にはっきりと分かる香り立ちの違い。

Intensely Aromaticの方は先述したエステル感が強く感じられ、ヘッド特有のオイル系の香りが立ち込めます。

Intenselyシリーズ(2)コニャック カミュXO Intensely Aromaticのレビュー

ある意味オードヴィーの生臭さと言いましょうか。

マッシュルームや燻ぶった木のような香りも感じます。花・・・というか潮のような香りも。

正直エステルがかなり強調されており、確かにアロマは全く異なりますが、やや鉄分っぽい要素を多く感じてしまいかなり好き嫌いが分かれそうな香り立ちです。

Intenselyシリーズ(2)コニャック カミュXO Intensely Aromaticのレビュー

カミュXOエレガンスの方がより落ち着いていて安定。

カミュ特有の紅茶感やボルドリ原酒の風味はXOエレガンスの方がうまく感じ取れるかもしれません。

味わい余韻

味わいと余韻においても香り立ちと同じ系譜です。

Intensely Aromaticの味わいとしては最初はやや金属的な風味を感じてしまいます。その後は湿った森にいるような香りが花から抜けていきます。

エステル由来の果実味ともいえるグレープフルーツの味わいと少しの渋みはほどよいバランスで交わります。花の要素は少なめですが、やや薬草っぽい風味も感じることができます。

Intenselyシリーズ(2)コニャック カミュXO Intensely Aromaticのレビュー

カミュXOエレガンスと比較すると、明らかにアタックは強め。

カミュXOエレガンスが紅茶だとすると、Intensely Aromaticはちょっと渋さを含んだキャラメルマキアート。

これも好き嫌いが分かれる味わいです。

Intenselyシリーズ(2)コニャック カミュXO Intensely Aromaticのレビュー

しかしながら、「エステルの風味を凝縮した」というIntensely Aromaticのコンセプトは最も強く感じることができ、刺さる人には刺さるコニャックとなっています。

今後のIntensely Aromaticの展開は?

今後のカミュIntensely Aromaticシリーズがどのような方向性で展開されるのかは興味深いです。

通常ラインナップであるカミュVSOPエレガンスやXOエレガンス、そしてボルドリシリーズとは全く異なる方向性です。

ある意味カミュっぽくないというか・・・。

Intenselyシリーズ(2)コニャック カミュXO Intensely Aromaticのレビュー

恐らく今回初の試みとなる2回目の蒸留の最初段階「ヘッド」を使ったコニャックですが、カミュとしては初の試みとなるためもっとよくできる部分は多くあると思います。

今後このIntensely Aromaticシリーズがどのように昇華され、どのような形に落ち着いていくのか、はたまた今回の1回きりで終了のシリーズとなってしまうのか、今後数年注目していきたいシリーズですね。

カミュ一覧を Cognac Expertでチェック!

Cognac Expertでは日本では購入できないコニャックが盛りだくさん!

Cognac Expertでのカミュブランド一覧はコチラのページから

Author

日本で最大級のブランデーサイト「Brandy Daddy」を運営。当コニャックエキスパートブログでは主にCognac Expertで入手可能なコニャックをメインに紹介レビューを行います。WEBを介して唯一無二の日本とコニャックの架け橋になれるようコニャックの魅力をお伝えします。※紹介がメインなので基本的に全てポジティブな視点でのレビュー記事となります。

Comments are closed.